口コミ・リピート率地域NO.1!

王子溝田橋整骨院

交通事故治療・ゆがみ矯正専門!お気軽にご相談ください。

お蕎麦に含まれる健康効果

2015年9月3日 栄養, 生活, 食事

日本を代表する食物と言っても決して過言ではないであろう「お蕎麦」。

 

その歴史は関東地方が水源に恵まれなかったためにその環境下でも育つ蕎麦の花を育て始めたことから始まります。蕎麦はもともと茹でるものではなく「蒸すもの」だったそうです。だからせいろに盛られて出されるんですね。 さて蕎麦ウンチクは横に置いておきましてお蕎麦に含まれる健康効果についてお話しします。

お蕎麦にはルチンというアンチエイジング効果が高い栄養素が入っていてルチンの効果として毛細血管の強化・動脈硬化や脳内出血の防止・高血圧の予防効果といった力があります。加えて美容に良い栄養素ビタミンCの吸収力の向上、食物繊維も豊富で便通もよくしてくれます。

ビタミンB2もお米の含有量より4倍も入っていて糖質・脂質の代謝を良くしダイエットにも最適です。

 

 

サラッとお蕎麦の効果を見てみると「血の流れに関係している栄養素」が多いことに気がつくと思います。そうです、お蕎麦には血液を安定して流す効果が非常に強いのです。偏頭痛や足のむくみなど血流が阻害されることで起きる症状には効果的な食事と言えますね!

お蕎麦の摂り方としては主食のご飯を1~2食お蕎麦にかえてみるのをオススメします。大根おろしと一緒に食べればさらに効果がでますよ!

 

 

今回は意外と知らないお蕎麦についてお話しさせていただきました。お蕎麦を食べた後は体の温めとリラックスを兼ねてそば茶なんていかがでしょうか?とても温まりますよ!

ホームへ

copyright 王子溝田橋整骨院 All Right Reseved.