口コミ・リピート率地域NO.1!

王子溝田橋整骨院

交通事故治療・ゆがみ矯正専門!お気軽にご相談ください。

湿布(シップ)って効果あるの?

2015年8月5日 生活

皆さんの身近にある、体が痛いときや重い時に貼る「湿布(シップ)」。
よく患者様より、「どのシップが一番いいの?」と質問をいただくことがあります。

 

 

近年シップも種類が増えまして、色も白であったり、水色であったり、茶色であったり、黄色であったり色々あるわけですが「どのシップが一番いいの?」聞かれるとなかなか「これです!この湿布がイイんです!」といいづらい部分があります。

 

この湿布、シップの色によって用途が若干違ってきます。

 

 

一般的に多く出回っているのが白いシップです。 これは消炎鎮痛剤が塗りこんであって読んで字の如く、炎症を消して痛みを抑える効果を謳っています。

 

 

次に水色の湿布、このシップは「冷却成分」に特化した成分が練りこまれています。
シップの効果としては主に炎症を取り除く効果があります。

 

 

大きな病院で良く処方される茶色のシップ、この茶色の湿布が多種多様な湿布の中で平均的に効果が高いシップかと思います。効果持続時間も数あるシップの中で一番長い湿布です。

 

 

最後に黄色の湿布ですが、この黄色の湿布にはトウガラシに似た成分が含まれています。故にマスタード色の黄色なんですね。効果としては温熱効果(肌に刺激を与えて自然発熱、発汗させる)を持っています。

 

 

平均的な効果を狙うならば、茶色の湿布が一番かなと思います。
一治療家目線であえて言わせていただくならば、体のどこかしらに明確な「痛み」がある時は、水色の湿布を貼ってもらい、体が重ダルいといった症状の時は茶色を貼った方がイイかなと思います。

 

肌状態によっては、どのシップも「かぶれやすい」といった特徴がありますので気を付けて貼ってくださいね!

ホームへ

copyright 王子溝田橋整骨院 All Right Reseved.