TOP>>交通事故の後遺症について

 

交通事故に遭ってから何年も経っているのに事故後の症状が改善されない…。

体の痛みやしびれ、動きの制限などがいつまでも残っている。

 

こういった後遺症、後遺障害に悩まないためには交通事故症状に対する適切な施術が必要です。

 

後遺症とは?

 

後遺症とは、交通事故の直後から体にあった症状が治癒期間を終えた後も残ってしまっていることをいいます。
機能障害(体の動きの制限・内臓器の機能低下)や神経症状(手足のしびれなど)を残すことが多いです。

 

後遺障害とは?

 

交通事故により負ってしまった精神的な外傷・肉体的な外傷が改善する見込みなく体に残ってしまった状態を言います。

 

後遺症や後遺障害に悩まないために

 

事故に遭った直後というのは人間の自律神経機能(交感神経優位)が働いて興奮状態となり一時的に体の痛みを隠してしまいます。 本人にとっては「軽い事故」であったとしても事故による体のダメージは相当なものです。

 

初めは軽い重さに始まり日を追うごとに症状がジワジワと現れてきて、しびれやジンジンした痛みが出続けることが多々あります。

病院にかかっても痛み止めやシップ薬を処方されるだけで適切な治療がされないまま後遺症や後遺障害が残ってしまうケースも少なくありません。交通事故の後遺症・後遺障害に悩まないために事故後は早期に適切な治療を受けるようにしましょう。

 

 

交通事故後の症状やご相談が
ありましたら今すぐお電話ください

交通事故問合せバナー

Googleマップへ

Appleマップへ