TOP>>膝痛&歩行痛

 

北区口コミ人気NO,1! 
交通事故治療・姿勢ゆがみ矯正専門院

膝痛&歩行痛

 

階段の昇り降りや正座といった姿勢を良くする方に多い膝の痛みや歩行時の痛み…。

 

 

特に膝周りの疾患は「女性」に多いことをご存じでしょうか?

 

 

これが関係して長い時間椅子に座っているデスクワーカーさんも要注意な膝周りの痛み…。

 

 

今しっかりとケアをしておかないと中~高年になった時に思わぬ症状に発展したりするのです。

 

 

膝周りの痛みがでる原因とは?

男性と女性の骨盤

 

長い時間歩いたり走ったり、階段を上ったり下りたりこうした「膝を曲げる動作」を頻繁に繰り返したり持続的に膝に負担をかけたりしていると筋肉が負担に耐えられなくなり、関節へとダメージをだしてきます。

 

 

加えて膝の関節にある「関節円板」といったクッションのすり減り」、老化現象による関節表面にあるカバーの役割をしている関節軟骨のすり減りも手伝ってしっかりとケアをしないと膝への負担は増すばかりなのです。

 

 

さらに女性特有の骨構造により男性の骨格に比べ女性の骨格は、骨盤に「産道」」という穴が開いていることで太ももの骨が股関節から膝関節にかけて内側に入るような構造をしています。

 

これにより嫌でも膝の内側に負担がかかるようになっているのです。

 

 

 

 

膝周りが痛みだしたら気を付けること!

膝に痛みがあればアイシング

 

どこの部分にも言えることですが筋肉は使った分だけ「熱」を持ちます。

 

 

普通は汗腺からその「熱」は放熱されるのですがあまりにも熱が大きすぎると使った部分にそのまま残ってしまいます。

 

 

熱を残したまま筋肉を使い続ければ 残った熱 + 使用した分の熱 が合わさり、「炎症状態」へと発展するのです。

 

 

少しでもハッキリとした「痛み」を膝周りに感じたのなら保冷剤かアイスノンで「アイシング」をお願いいたします。

 

ティッシュか薄いハンカチに包んでいただいて、1~2分間、膝に当ててもらえればOKです!

 

 

 

 

 

膝周りの痛みを予防するには

膝痛が出る前の予防

 

簡単にいえば膝周りの筋肉を使い過ぎないことが肝心です。

 

 

どれくらい使ったら痛みが出るのかを自身で判断するのはとても難しい事ですが「今日は膝を良く使ったな~」と自覚があれば、軽くアイシング(10秒くらい)してから湯船にゆっくり浸かって温めると予防になります。

 

 

長時間動き回ったりするのなら太ももにサポーターを巻いてもらうのもいいですね!

 

 

 

 

膝周りの痛みが4日続いたら要注意!

膝痛が治らない

 

膝周りの痛みが出てから4日以上その痛みが同じ、もしくは余計に酷くなってきているなら「自然治癒能力」が働いていません!

 

 

決して甘く見ないで少しでも痛みが少ない内に適切な治療を開始しましょう!

 

 

 

 

しっかり改善するには?

姿勢歪み矯正で根本改善

 

膝周りが痛いからと言って膝だけを治療してもなかなか症状が改善しないことが多いです。

 

 

「五体満足で健康」というように、膝に出た症状は体の他の部分にまで影響を及ぼしていることが多々あり症状が長く続くと筋肉を硬くし、次に骨を歪ませて体の状態をアンバランスにしてしまうのです。

 

 

アンバランスになった体は体の均衡を保てなくなり更に「ゆがみ」を加速させます。

 

 

最終的に膝が伸びなくなったり曲がらなくなったり、歩くのが非常に困難になってしまったりといったことになる前にいち早く適切な施術をしましょう!

 

 

王子溝田橋整骨院では体の全身のバランスを「姿勢ゆがみ矯正」で本来の正しい位置に整えていきます!

 

 

 

 

 

 

膝痛や歩行痛の症状でお悩みの方は、今すぐお電話ください!

王子溝田橋整骨院 問合せ

 

 

 

 

 

Googleマップへ

Appleマップへ