口コミ・リピート率地域NO.1!

王子溝田橋整骨院

交通事故治療・ゆがみ矯正専門!お気軽にご相談ください。

肩こりの原因って?

2015年9月16日 ゆがみ矯正

老若男女問わず誰もが悩む症状、肩こり………。

 

近年のスマホブームでさらに肩こり人口が増える傾向にあります。

 

肩がこる理由

 

肩がこってしまう大きな理由に日常生活動作の「姿勢」があります。
男性であれば仕事でのデスクワークや車の運転での姿勢、女性であれば家事仕事での洗濯や買い物時の姿勢。

 

 

これらの姿勢にはある共通点があります。

 

 

それは全て「前かがみの姿勢動作」なんです。

 

 

前かがみの姿勢がなぜ悪いのか?

 

ではなぜ前かがみの姿勢が悪いのでしょうか?
イラストを使ってみてみましょう。

 

044

(前かがみの姿勢)

 

こちら一般的なデスクワーク時の前かがみの姿勢になります。
デスクワーカーさんは非常にしっくりくる姿勢だと思います。

 

 

 

今度はデスクワーク時の正しい姿勢を見てみましょう。

デスクワーク正しい

 

(デスクワークの正しい姿勢)

 

大まかですが前かがみの姿勢と正しい姿勢の「頭の位置」と「背中の丸まり」を比べてみて下さい。

 

044 デスクワーク正しい

 

前かがみの姿勢は頭の位置が前の方へいってしまい、それと同時に背中も丸まって両腕も前へいってますよね。
人間の頭の重さは通常体重の10%と言われています(体重が50キロなら頭の重さは5キロになります)、重い頭が体の前へ行ってしまうと身体も腕もどんどん前へ入っていってしまいます。

 

 

加えて人間の身体は同じ姿勢を15分以上続けるとその姿勢のまま筋肉が固まるという特徴があります。 15分以上前かがみの姿勢を続けていたら前かがみの姿勢のまま全身の筋肉が硬くなり重い頭を支える首の筋肉から肩や背中の筋肉も丸まったまま固まり続けて首の痛みや肩こりといった症状が出てきやすくなるのです。

 

 

肩こりを引き起こす3っの筋肉

 

肩こりを引き起こす筋肉は大きく分けて3っあります。

 

僧帽肩甲イラスト   脊柱イラスト

  • 僧帽筋(左図参照)
  • 肩甲挙筋(左図参照)
  • 脊柱起立筋(右図参照)

 

 

-の3っです。 この3っの筋肉は抗重力筋といって筋肉の動きが悪くなってしまうと頭や腕、体を前に引っ張ってしまい肩こりや猫背をつくります。いかにこの3っの筋肉を疲れさせないかでいられるかで翌朝の肩こりが変わってくるのです。

 

 

3っの筋肉を疲れさせないために

 

3っの筋肉を疲れさせないようにするにはいかに「前かがみの姿勢」を日常生活の中で少なくするかが大切になります。
加えて同じ姿勢で15分以上いないようにすることも大切です。

 

 

お仕事中であればトイレ休憩時に背伸びをしたりお茶を汲みに行ったり、洗濯や買い物中であれば家事をする前に大きく腕を回したり体操したりして筋肉が固まらないようにする習慣をつけましょう!

 

 

 

歪み矯正ブログバナ

それでも肩こりが気になる方はこちら

関連記事

    記事はありませんでした

ホームへ

copyright 王子溝田橋整骨院 All Right Reseved.